着物(和服)を売りたいときのおすすめ買取店。売るならココをチェック!

高く売るコツ

 

【重要】着物を売りたいときは、「評判の良い買取専門店」を選びましょう!

 

袖を通す機会が、めっきり減ってしまった着物。保管に困っているけれど、捨てるのはもったいない。

 

「家にある着物は、値段の張ったものもあるから、 捨てるのも、誰かにあげるのももったいない・・・」

 

「譲り受けたものだから、安く着物を売るのはイヤだ・・・」

 

そんなときは、「評判の良い着物買取の専門店」に査定をお願いしましょう。「安心して売りたい」「できるだけ高く着物を売りたい」というあなたにピッタリです。

 

 

 

高く着物を売りたいときのおすすめ買取店ランキング・BEST5

スピード買取.jp

最速30分で来てくれる!No.1のスピード買取.jp

 

スピード買取.jpは、電話をしてから最速30分で家の玄関まで来てもらえます。日本全国・どこでも対応しているので、着物を売りたいときにすぐ売ることができるのです。

 

出張費や査定費・キャンセル料などの事務手数料も一切無料。着物を売るときも、高額査定の満足買取保証!安心して売ることができます。

 

 

>>スピード買取.jpで売るならコチラ<<

 

迷ったらココ!スピーディーに高く着物を売るなら、

【スピード買取.jp】で売るのがオススメ!

ヤマトク

20年以上続く着物買取専門の老舗!

 

ヤマトクでは、20年以上続く着物買取の老舗で、年間4,000件超の取引実績がある安心の有名店です。

 

宅配買取の専門店で、出張訪問での査定サービスはありませんので、「早く着物を売りたい!」という人には向かないかもしれません。

 

しかし、老舗というだけあって、着物だけでなく和装小物類も売ることができる上、高級な着物の買取に強く、高く売ることができる傾向があります。

 

なお10年以上経過してしまった古い着物に関しては、あまり高額な値段は付きにくいようです。

 

 

>>ヤマトクで売るならコチラ<<

 

安心の老舗で高級な着物を売るなら、

【ヤマトク】で売るのがオススメ!

福ちゃん

古い着物、シミ・シワ・汚れ、男性物などでもOK!

 

一般的に値段が付きにくいとされる、10年以上前の古い着物でも安心して売ることができます。

 

和装関連の品物であればなんでも売ることができ、シミ・シワ・汚れの付いた着物や、男性用の和服でも比較的高く売ることができる傾向があります。

 

買取方法も宅配査定・出張査定があるため、「早く売りたい!」という場合にもピッタリです。

 

 

>>福ちゃんで売るならコチラ<<

 

シミ・シワ・汚れ、男性用の着物などを売るなら、

【福ちゃん】で売るのがオススメ!

買取プレミアム

TV取材殺到中の着物買取専門店

 

日本全国、どこでもスピーディーに着物を売ることができる急成長中の買取専門店。着物を売りたいときに、いつでも売ることができます。

 

着物を売る方法として、「出張訪問買取」・「宅配買取」・「店舗への持ち込み買取」の3通りがあります。出張料や査定料・キャンセル料などが一切無料のハイクオリティなサービスが人気の秘訣。

 

テレビなど様々なメディアから取材されており、「安心して高く着物を売ることができる」という口コミが多数寄せられています。

 

 

>>買取プレミアムで売るならコチラ<<

 

信頼できるところで高く売るなら、

【買取プレミアム】で売るのがオススメ!

 

久屋

まとめて売るがお得な宅配買取専門店

 

和装関連の品物であれば、どんなものでも売ることができる宅配買取の専門店。

 

5点以上のまとめ売りで買取額がアップ!など、随時お得なキャンペーンが開催されています。

 

古い着物や化繊素材のものでも値段がつきやすく、遺品整理の際など、「まとめて一気に売りたい!」という時に非常に重宝します。

 

 

>>久屋で売るならコチラ<<

 

遺品整理などでまとめて一気に売るなら、

【久屋】で売るのがオススメ!

 

高く売りたいなら、専門店がおすすめ

ここでは、「できるだけ高く着物を売りたい!」というあなたのために、オススメの買取専門店ランキングを紹介しています。

 

なお、それぞれの専門店によって、得意・不得意なジャンルがあります。各シーンに応じて使い分けることで、あなたの「高く着物を売りたい!」が実現できます。

 

 

「高く着物を売りたい」というときは、専門店に売るようにしましょう

 

近場の古着屋さん、リサイクルショップに売るのはダメ!

 

NG

 

時代の流れとともに、和服に袖を通す機会は減っていく一方。それに伴い、和服を買取してくれる業者も減っていっています。

 

近所の古着屋さんやリサイクルショップなどに「着物を売りたい」と持ち込んでも、あまり良い結果にならない場合がほとんど。

 

まず、和服の査定には、専門知識が必要です。

 

ブランドショップの店員さんなどでも、バッグや時計といった物の査定はできますが、和服の査定となると全くの別物。

 

ましてや、近所の古着屋さんやリサイクルショップの店員さんが、都合よく和服の知識を持っていることは、ほとんどないでしょう。

 

実際、そういった近場の古着屋さん、リサイクルショップに
「着物を売りたい」と言っても断られてしまうケースがほとんどです。

 

また、もし査定に応じてくれたとしても、出てきた査定額は二束三文になってしまうことがほとんど。

 

決して悪気はないのですが、和服の価値を見抜くのは本当に至難のワザ。業者側としても損はしたくないので、価値がわからないときは安い査定にならざるを得ません。

 

そのため、「高く着物を売りたい」というときは、専門の買取店に依頼する必要があります。

 

高く着物を売りたい!売るなら、評判の良い買取専門店

 

 

せっかく今まで大切にしてきた着物だから、売るなら高く売りたいですよね。

 

和服の買取専門店なら、売りたい着物の鑑定をプロにしてもらえます。高く着物を売りたいなら、専門店に依頼する以外の方法はありません。

 

和服の中には、思わぬ高値が付くものも多くあります。でも、そういったものを見分けるのは、専門のプロでなければ不可能。

 

専門店に依頼しておけば高値で売れたのに、近場の古着屋さんやリサイクルショップで売ってしまったために買い叩かれた・・・

 

・・・そんな心配は一切なくなります。

 

高く着物を売りたいときは、専門の買取店に依頼するのは、業界では常識なんです。

 

「近場で着物を売りたい!」といって本当に近所のお店に持ち込んでしまうと、思わぬ大損をしてしまう可能性が高いので、注意が必要です。

 

 

 

〜着物(和服)を売るなら専門店!〜

 

今や中古の着物(和服)買取を行っている業者は数多くあります。いわゆるリサイクルを主体としているお店が増えているのです。着物を売ることを考えたとき、売りたい和服にもいろいろな種類があるかもいれません。「どこで着物(和服)を売るか」という場面になって思いつくのは、リサイクルショップという方も多いでしょう。リサイクルショップでは着物(和服)を売りたい時に売ることができますが、馬鹿らしいくらいに安くなってしまう価格になってしまうのが一般的です。それこそ、10円などや100円といった価格がつくことは、冗談でなく本当にあります。もし、高く着物を売りたいのであれば、近所に専門店がなかったとしても、ネットなどを使って和服専門のお店に売るようにしましょう。査定額に大きな差が出るので、よっぽど高く着物(和服)を売ることができるのです。これはリサイクルショップには基本的に、着物(和服)について理解している人がほとんどいない、ということが大きいのです。専門店であれば、和服に関しては熟知しており、作品の価値、つまり生地の価値や作家物の価値などをしっかりと把握しているので、よっぽど高く着物を売ることが可能なのです。

 

〜着物(和服)を高く売りたい!査定はどこを見るのか?〜

 

着物(和服)を売りたいと思う時に、一体どのあたりを見て価格を付けているのか、というのは気になりますよね。まずは生地の質や大きさ、保存状態があります。和服の生地といえば正絹、と思うかもしれませんが、実際にはさまざまな生地があります。やはり綿素材に比べると正絹の方が高くなります。着物(和服)は着る人に合わせて仕立てていくため、小柄な方は肩幅や着丈なども小さめに作られています。小さめの仕立ての場合には、どうしても着ることが出来る人は限られます。逆に大きめの仕立ての場合には、比較的着る人を選ばずに済みますので、より高く売ることができます。保存状態が良い物かどうかという点も、査定ではチェックしています。着物(和服)をつくった作家は誰か、というのも実はよく見られています。作家が有名なのか、ブランド品なのかということも、着物(和服)の買取査定では良くみられています。そして、柄には実は流行というものがあります。この柄があまりにも流行おくれであれば、やはり高く売りたいと思っても、希望通りの値段で売るのは難しくなります。一方、古典的な柄、流行に左右されない柄などの着物(和服)は、高く売ることが可能です。

 

〜出される査定額は、買取業者によって異なる〜

 

不要になった着物(和服)を売るとき、業者によってかなり査定額が変わってきます。というのも、和服はその価値が分かりづらいもので、例えば質屋やリサイクルショップに持っていても二束三文で取引されることがほとんどです。着物(和服)の生地や染め方、仕立ての仕方によって非常に高価な価値があったとしても、その価値を正しく判断してもらうには専門的な知識が必要になってくるからです。特に特別な知識もなく、パートやアルバイトが査定受付をしているリサイクルショップなどでは、どんなに価値が高い着物(和服)が持ち込まれたとしても、古布という扱いでしかなく、非常に低い価格で買い取られてしまうでしょう。売り手側にきちんとした知識があれば、まずそんなところには持ち込みませんが、もらい物などで判断が付かないものを、「引き取ってもらえればいいや」と安易な気持ちでいると、大損をしてしまう可能性もあるわけです。着物(和服)を売るなら専門の業者にお願いして、適正価格で買取ってもらう方が良いでしょう。お店によって大きく異なることもあるので、お店選びは重要なポイントです。

 

〜着物(和服)買い取り専門店の賢い選び方〜

 

着物(和服)を売る際には、専門に買い取っているお店に依頼するのが良いでしょう。しかし、着物(和服)専門の買取店は複数あり、どのお店に依頼するのが良いのか迷うかと思います。実際にそのお店と今までに取引がある場合は、信頼関係がありますのでそういったお店にお願いするのが良いでしょう。しかし、すべての人にそういった懇意のお店があるとは限りません。専門店を賢く選ぶにも、口コミなどの情報を集めることをオススメします。たとえば、専門店の中には有名な作家の作品や、高級織物など高価な和服に強いお店もありますが、そういったお店では化繊やウールを含んだ着物を売ることができなかったり、引取りしてもらえたとしても査定額が低い、などの弱点があります。逆に化繊やウールなどを含む庶民的な着物(和服)の買取を強化しているお店もあるのです。自分が売りたいと思っている着物(和服)が、いったいどういった強み・弱みがあるのかを見極めて、適切な専門店に査定を依頼することがポイントとなってくるでしょう。また、なかには買い取らせてくれと執拗に連絡をしてくるお店も稀にあるようです。そういった悪評のあるお店も、実際に利用した人の口コミを参考に回避できると良いですね。

 

〜高く着物(和服)を売るためのテクニック〜

 

着物を高く売るために知っておきたいことは、売りたい和服の状態を、査定に出す前にちゃんとチェックしておくことです。未着用のものはもちろん、着用回数が少ないと高額査定になるのは、誰でも理解できます。10年以内の着物(和服)なら、高く売ることができる可能性が高いのです。 ただ、着物(和服)の場合、シミや色落ち、汚れ、虫食い、カビなどがあると、査定価格に影響するので、高く売りたいなら普段の取り扱いには注意しておかないといけません。良い着物(和服)でも箪笥の肥やしにしていると、染みや色あせが発生しやすいので、劣化する前に早めに売るようにする必要があります。また着物(和服)は、生地の質やサイズ、作家が誰か、産地がどこか、流行の柄なのかどうかで、査定価格が変わってきます。 生地の質については、正絹でないと高額査定の対象にはなりません。また、サイズが小さすぎたり、特殊なサイズの着物(和服)は、高く売るのが難しくなります。作家は、人間国宝や工芸会、国画会の有名作家の作品、老舗呉服屋の仕立物などであれば、高く売ることができます。着物(和服)の種類では、訪問着がもっとも高く売ることが可能となります。また高く着物(和服)を売りたい場合に絶対忘れてはいけないのが、証紙の有無のチェックです。証紙かあると高く売ることにつながりやすいので、着物(和服)を査定に出す時は、忘れずに同梱することです。

 

〜高く売ることができる着物(和服)は、ずばりコレ!〜

 

着物(和服)を売る場合、「同じものでも専門店によって出す査定額には、ピンからキリまでちがいがある」と言ってよいでしょう。高価買取の対象となる着物(和服)もあればそうでない、最悪の場合には引き取りすらもしてくれないようなモノも存在している、ということなのです。高く売ることができる着物(和服)というのは、伝統工芸品や有名な作家さんの作品です。また、有名産地の工芸品なども、高値がつく可能性が高いです。こうしたものは、多少高く買い取ったとしても大きな需要を見込めるため、業者も高額査定を出してくれやすいのです。ただし、基本的に高く売ることができる着物(和服)は、正絹素材のものとなります。正絹であれば黒留袖や色留袖、振袖、訪問着、付下、小紋など全て売ることができる可能性が高いのですが、ポリエステルや化繊やウール、木綿などでできている着物(和服)は、基本的に引き取りしてくれない業者の方が多いようですので、注意をしておきましょう。ただし、「どんなものに高額査定を出すのか」という点は、業者によって大きく異なってくる点でもあります。査定に際し、重要視するポイントが、各業者によって変わってくるからです。時間があるのなら、複数の業者に査定をしてもらったほうが、より高く着物(和服)を売ることができます。

 

〜査定額が低くなってしまう着物(和服)とは〜

 

売りたい着物(和服)の査定額が悪くなってしまうケースというのは、単純に言うと状態が古い場合です。着物(和服)の場合、古いものほど値段が下がる傾向にあります。特に50年以上前のものになると、売ることすらできないケースがほとんどです。素材が高級品で、伝統工芸品など高級な着物(和服)なら別ですが、普通の作品なら古いものだと、査定額が悪くなります。場合によっては一円たりとも値段がつかないこともあるので、注意しないといけません。また、保管状態が悪く、傷んでいるものは高く売ることがほぼ不可能です。傷みがあまりにも激しく、今後着用することが難しいような着物(和服)は、引き取ってもらえないことを覚悟しておかないといけません。特に着物(和服)の査定額が低くなってしまうケースは、着用した際、表部分、人目に触れるような部分が汚れていたりする場合です。こうしたケースは、価値は大きく下がるので、査定額はかなり悪くなってしまいます。汚れていても裏地部分だけなら値段が付くこともありますが、それでも見た目が綺麗かどうかが大事なポイントになります。3センチほどの汚れがあると売ることが難しくなるので、普段から着物(和服)は傷みが出ないよう、汚れないよう慎重に扱う必要があります。